OpenLM System Requirements - OpenLM Software License Management
Israel +972 4 6308447         USA +1 866 806 2068        JAPAN +81 3 45208991 担当:萩原

OpenLMシステム要件

製品やコンポーネントをインストールするシステム要件をご確認ください

 

インフラ・ハードウエアの最低要件
• Dual core CPU
• 4 GB メモリー (推奨 – 8 GB)
.NET Framework 4.7.2以上
• 静的MACアドレス(クラウドベースのサーバーではENI必須)

 

HTTP SERVER
OpenLM は統合されたHTTP サーバーによって提供されます- LightTPD
OpenLM はほとんどの標準HTTP サーバーで稼働するように設定することができます。以下のシステムで検証済み
Apache HTTP Server Version 2.* – 完全にサポート
Microsoft IIS 6, 7, 7.5, 10 – 完全にサポート
その他の HTTP サーバーでも稼働するはずです。

 

OpenLM Serverがサポートするオペレーティングシステム
OpenLMは、WindowsおよびUnix / Linuxの常駐のライセンスサーバーシステムの両方を監視できます。OpenLM Serverコンポーネントは、Windowsマシンのみにインストールする必要があります。

OSバージョンOPENLM SERVER
Windows 7 SP1 32 bit検証済みで完全にサポートされています
Windows 7 SP1 64 bit検証済みで完全にサポートされています
Windows 8.1検証済みで完全にサポートされています
Windows 8 32 bitサポートされていません
Windows 8 64 bitサポートされていません
Windows 10検証済みで完全にサポートされています
Windows Server 2008 R2 32 bitMicrosoftの非推奨によってサポートされていません
Windows Server 2008 R2 SP1 64 bitMicrosoftの非推奨によってサポートされていません
Windows Server 2008 SP2 32 bitMicrosoftの非推奨によってサポートされていません
Windows Server 2008 SP2 64 bitMicrosoftの非推奨によってサポートされていません
Windows Server 2012 64 bit検証済みで完全にサポートされています
Windows Server 2012 R2 64 bit検証済みで完全にサポートされています
Windows Server 2016 64 bit検証済みで完全にサポートされています
Windows Server 2016 R2 64 bit検証済みで完全にサポートされています
Windows Server 2019検証済みで完全にサポートされています

サポートされるデータベース
OpenLMには、OpenLM Serverのインストールの一部としてインストールされたFirebird DBが組み込まれています。OpenLMは外部データベースもサポートしています。次のデータベースタイプがサポートされています。

MS SQL Server:
バージョン2012, 2014, 2016, 2017が検証済みで、サポートされています。
バージョン2005のサポートは、Microsoftの非推奨によりOpenLM Serverバージョン3.1で廃止されました。

Firebird Server:
バージョン2.5.5が検証済みでサポートされています。

MYSQL Server:
バージョン5.7が検証済みでサポートされています。OpenLM Serverバージョン4.4以上はバージョン8.0をサポートします。

MariaDBはサポートされてません。
Oracle DBは2018年7月時点でサポートされてません。

 

サポートされているディレクトリサービスの種類
OpenLMは、組織のディレクトリサービスと同期する機能を提供しています。サポートされている種類のディレクトリサービスには、
– Microsoft Active Directory(完全サポート)
– Novellディレクトリ(試験的)
– Apache DS(試験的)

 

OpenLM EasyAdmin
OpenLM EasyAdminは、OpenLMの管理用インタフェースです。これは、任意の標準ブラウザに適用されます。私たちは以下のブラウザタイプで検証を行いました。
Mozilla Firefox
最新のバージョンの使用をお勧めします。

Microsoft Internet Explorer Edge
最新のバージョンの使用をお勧めします。

Google Chrome
最新のバージョンの使用をお勧めします。

 

 

インフラ要件
• .NET Framework 4.6.2以上;
• 10.4より古いArcGISの場合.NET Framework 3.5

OSバージョンOPENLM AGENT
Windows 7 32 bit検証済みで完全にサポートされています
Windows 7 64 bit検証済みで完全にサポートされています
Windows 8.1検証済みで完全にサポートされています
Windows 8 32 bitサポートされていません
Windows 8 64 bitサポートされていません
Windows 10検証済みで完全にサポートされています
Windows Server 2008 R2 32 bit検証済みで完全にサポートされています
Windows Server 2008 R2 SP1 64 bit検証済みで完全にサポートされています
Windows Server 2008 SP2 32 bitサポートされていません
Windows Server 2008 SP2 64 bitサポートされていません
Windows Server 2012 64 bit検証済みで完全にサポートされています
Windows Server 2012 R2 64 bit検証済みで完全にサポートされています
Windows Server 2016 64 bit検証済みで完全にサポートされています
Windows Server 2016 R2 64 bit検証済みで完全にサポートされています
AgentのLinuxの機能について: 特定のLinuxシステム用に設定された制限ある機能を提供します。必要な場合セールスかサポートにコンタクトしてください。

 

 

ターミナルサーバーのOpenLM Agentサポート
OpenLM Agentは、任意のターミナルサーバーソフトウェア(Microsoft Terminal Server、Citrixなど)で動作するように構築されています。OpenLMエージェントをターミナルサーバソフトウェアにインストールしている場合は、下記のようなソフトウェアを追加してください。その他の場合はご連絡ください。

ターミナルサーバーソフトウェアOPENLM AGENT
Microsoftターミナルサーバー検証済みで完全にサポート
全バージョンCitrixターミナルサーバー検証済みで完全にサポート
ESRI社ArcGIS(Arcview, ArcEditor, ArcInfo)
ESRI社ArcGISソフトウェア用に専用の機能を提供します。OpenLM AgentはESRI社ArcGISバージョン9.3, 10, 10.1, 10.2.2, 10.3, 10.3.1, 10.4.1, 10.5, 10.6, 10.6.1, 10.7, ArcGIS Pro 2.0 – 2.3.3をサポートします。10.4より古い場合、.NET Framework 3.5をインストールする必要があります。

 

Autodesk
Autodeskソフトウェア専用の機能を提供します。OpenLMはAutodeskバージョン2007から2019をサポートします。
Autodesk Autocadに基づく全プラットフォームをサポートします。他の全Autodeskソフトウェア、Autodesk Inventor, Autodesk Architect, Autodesk Civil 3Dなどに全機能を提供するように設計されています。

 

OpenLM Brokerは、ライセンスサーバーマシンにインストールできるオプションのコンポーネントです。ライセンスのデナイアル、より正確なセッション情報などの追加機能を提供します。

 

Brokerのシステム要件
OpenLM Brokerは、ライセンスサーバーでサポートされているすべてのプラットフォームで動作するように設計されています。
OpenLM Brokerを実行するには、Java 11(JDKかJRE)と.NET 4.5.2以上が必要です。
メモリー: RAM 4 GB(8GB推奨)

 

OpenLM Broker対応プラットフォーム

OSバージョンOPENLM BROKERコメント
Microsoft Windows 2012 server
検証済みで完全にサポートされていますインストーラーと設定ウィザードで提供
Microsoft Windows 2012 R2 server検証済みで完全にサポートされていますインストーラーと設定ウィザードで提供
Microsoft Windows 2016 server検証済みで完全にサポートされていますインストーラーと設定ウィザードで提供
Microsoft Windows 2016 R2 server検証済みで完全にサポートされていますインストーラーと設定ウィザードで提供
Microsoft Windows Server 2019検証済みで完全にサポートされていますインストーラーと設定ウィザードで提供
Windows 7 32 bit検証済みで完全にサポートされています (Broker v4.4のみ)インストーラーと設定ウィザードで提供
Windows 7 64 bit検証済みで完全にサポートされています (Broker v4.4のみ)インストーラーと設定ウィザードで提供
Windows 8 32 bitサポートされてませんサポートされてません
Windows 8 64 bitサポートされてませんサポートされてません
Windows 8.1検証済みで完全にサポートされていますインストーラーと設定ウィザードで提供
Windows 10検証済みで完全にサポートされていますインストーラーと設定ウィザードで提供
Ubuntu 14.04, 16.x, 18.x検証済みで完全にサポートされていますアーカイブtar.gzファイルを提供
CentOS 6, 7検証済みで完全にサポートされていますアーカイブtar.gzファイルを提供
Other Unix/Linux OS稼働するはずアーカイブtar.gzファイルを提供

 

OpenLM Routerは、Javaアプリケーションとして実装されています。Javaをサポートするすべてのオペレーティングシステムで実行できます。例えばWindowsやUnix / Linuxなど。必要なJavaのバージョンは8です。

 

Applications Managerはライセンスサーバー(例:FLEXlm)と同じマシンにOpenLM Brokerと共にインストールしなければなりません。 Javaアプリケーションとして実行されるので、Javaをサポートする全オペレーティングシステムで実行可能です。(例:Windows か Unix / Linux)

 

 

システム要件はモバイルやタブレットでは見ることができません。デスクトップでご覧ください。

何が必要か分かりませんか?

電話で説明させてください。

Fields marked with an * are required

OpenLM Webinars and Workshops

See how to monitor the use of licensed software products
in your organization by joining a webinar.